相続/空き家対策

不動産売買時におこる様々なトラブルや
ご相談事も、ぜひおまかせください。

相続対策

相続対策についてお困りではないですか?

例えば、こんなお悩みはございませんか?

無料相談はこちら →

相続鑑定士の役割

遺産相続は、すべての人がいつかは経験する事でありながら、非常に難しく、『法律や税金など専門的な手続きが分かりにくい』『誰に相談して良いか分からない』という独特の問題を抱えています。
弊社の相続鑑定士は相続についてお客様から詳しくヒアリングを行い、問題が発生しそうな場合には、必要な情報や現在の状況を、弁護士や税理士、司法書士などの有資格者の方々とタッグを組み、相続対象者の方が安心して相続を迎えられるようにサポートしてまいります

リアルエステートジャパン株式会社は
『一般社団法人 相続鑑定協会』に加盟しています。

空き家対策

空き家問題とは?

空き家問題の具体的な例は以下のようなものがあります

自宅の近くにこのような空き家があれば誰もが不安に感じるでしょう。しかし、「空き家等対策の推進に関する特別措置法(以下、空き家対策特別措置法)」が制定されるまでは空き家に関する法律が存在しなかった為に、このように周辺住民の住環境に悪影響を及ぼすケースが日本各地で増加することになったと考えられています。
各自治体は条例を制定して問題の改善に取り組んでいましたが、強制力の点で限界があり、放置される空き家の効果的な対策とはならなかったため、法律制定の必要性が高まり、2014年(平成26年)に「空き家対策時別措置法」の公布にいたったといわれています。

特定空き家について

空き家問題の原因となるのは「特定空き家」に認定されるものがほとんどです。「空き家対策特別措置法」では、特定空き家は次のように定義されています。
「そのまま放置すれば保安上危険、衛生上有害となるおそれのある状態、他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にある空き家等をいう」 「空き家対策特別措置法」では、特定空き家に認定された空き家の所有者には税制面での罰則や、罰金の支払いを科すことを認めています。そのため、空き家の所有者は市町村から特定空き家に認定されないよう、きちんと対策することが大切です。

「空き家」問題という社会の有効活用

少子高齢化や親が高齢になっても子供と同居しない世帯が多くなったことなどの響を受けて日本の空き家は増え続けています。
誰も管理していない空き家は景観を損ねるだけでなく、老築化による倒壊や、害虫や害獣の増殖など衛生上の問題も多く、地域への悪影響が懸念されています。これを受け平成27年には「空き家対策特別措置法」が施行されるなど、政府もこれを重要な社会問題としてとらえています。

空き家対策として空き家の「処分」を検討する場合、
主に3つの対策例が考えられます。

リアルエステートジャパン株式会社は
『一般社団法人全国空き家相談士協会』に加盟しています。