信託受益権売買

信託受益権売買のしくみ

不動産取引の一形態として信託が利用されることがあります。
不動産を取引する際に、信託受益権として登記を行うことで不動産取得税等が軽減される手法です。
しかしながら、信託受益権を取引する際には
「金融商品取引業」を登録された会社のみが媒介業者として認められております。

弊社は、平成22年に「第二種金融商品取引業者」として登録されております。
■登録年月日 平成22年4月22日
■登録番号 東海財務局長(金商)第142号

●第二種金融商品取引業社として登録されるためには、資本金要件、人的要件、コンプライアンス要件、
内部牽制機能要件などを充たし、かつ維持することが求められております。
●東海財務局に金融商品取引業者として登録されている会社は平成30年11月30日現在で、69社のみとなっています。

通常の実物不動産売買

信託受益権売買